かBLOG
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 東京行って来ました | TOP | Destiny β 版 を 遊んでみて感じた事 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | スポンサードリンク | - | - | -
    PS4のコントローラーの事
    ソニー・コンピュータエンタテインメント
    ¥ 39,430
    コメント:ソフトパッケじゃなくてコード付。パッケージがダサいと思っても大丈夫。これはペラい外箱。中味は通常パッケージ版なのです。

    PS4を買いました。



    【 初めに書いておきますが 筆者は PS4については 肯定的です。】

    オンラインで呼んだり呼ばれたりを未だ一度もやっていないので
    正直オンラインまわりがどう良くなったのかは解りません。
    追々気づけばポストしていきたいと思います。

    コントローラーについては
    XBOX360ユーザー目線で感じた事が幾つかあったので
    覚えてる限りを写真と共にメモとして残しておきます。

    長いので続きからどうぞ。


    FIFA は プロダクトコード版でした。
    FIFAのパッケージは あくまでも飾りの外装であり、
    中味は箱ごと通常版そのもの。

    (この本体は売りに行かず、置いておくつもりですが
    買い取ってもらう時も安心です。)



    気になっていた菱餅の形(笑)。
    こうなっていたのですね。



    前面 ↑ 。ディスクはスロットローディング。PS3と同じ。
    USB3.0ポートが2つ。



    背面 ↑。 左下電源、
    上段 左から 光端子、HDMI、LAN、AUX。シンプル。

    **

    PS4のコントローラーの機能については
    こちらのポスト が 既に出回っていて解りやすいので参考まで。

    **

    以下写真をつらつらと。
    (ボタン廻りのフィルムがついたままでごめんなさい)



    左のシェアボタンは性質上あまり使わないかも。
    反対側 右のオプションボタンは
    ゲームによってはメニュー画面を開ける役割になるかと。
    オプションボタン…突起していない。使う割には 非常に押し辛いです。
    「シェアボタンと逆の方が良かったのでは?」と個人的に思います。

    真ん中のタッチパッドは ノートPCでいうトラックパッドの役割に近いです。
    トラックパッドの様に使う機会は少ない様に思えます。
    実は この部分そのものがボタンになっています。
    ゲームによってはこのボタンがメニュー画面を開ける役割になるかと。
    とても押し易い。



    □△○×ボタンは PS3の時と同じく ぺったんこです。
    XBOX360のコントローラーに慣れていると押し間違える事があるかも。



    PS3のコントローラーは テーブルなどに置いた時
    L&R2ボタンが不用意に反応し誤作動し易かったのですが、
    PS4のコントローラーでは同様の誤作動が起こり難くなりました。



    左右スティックは 相変わらず下方に両方ありますが
    コントローラーが肉厚になり、且つ スティック同士の距離が長くなったので
    シューティングゲームのエイムに不満を抱く事は無くなった気がします。
    (ここは個人差があるので言い切れません。)



    全体的に 少し大きくなりました。



    PS3は 「直線的図形の組み合わせ」という感じでしたが
    PS4は
    「この形が使い易いからこうした」という形になっている気がします。



    PS4では L&R2ボタンが銃のトリガーの様な形状に変わっています。
    それに伴い、(PS3ではR1ボタンがトリガーの役割をしていましたが)
    R2ボタンがトリガーの役割になるゲームが主流になっています。



    PS3では長く、動きに負荷が無くとてもやわらかかったスティックが
    PS4では短くなり、ある程度の負荷を感じるスティックに。
    形状もキノコ型から窪みのあるフラットなものなりました。

    (XBOX360のコントローラーのスティックに比べると
    ややふにゃふにゃしますが
    XBOX ONE のコントローラーのスティックも
    XBOX360のものより ふにゃふにゃになったそうです。
    そこは draw なのではないでしょうか。)



    所謂 普通のコントローラーの持ち方 ↑ の 人には 非常に使い易い形状



    過去ポストにも記していますが 筆者達は ↑ の 様な 持ち方をします。
    L&R1ボタンには人差し指、
    L&R2ボタンには中指が常に添えられた状態です


    PS4でこの持ち方が出来るか否かをとても気にしていました。
    … 握った感じ、悪くないと思います。

    *

    ところが、実際使ってみると支障が出て来ました

    ボーダーランズなどの
    「武器を十字キーで切り替える(接敵中忙しい)ゲーム」において
    敵からの攻撃を回避しつつ 弾を撃ち続けたい時に
    「左親指は移動で忙しいから 十字キーは右手で操作する」
    … という事はありませんか? ↓



    こんな感じです ↑

    筆者 (u) の 手は 大きくもなく小さくもなく
    でも一般的な男性よりは小さい 薄い手です。
    XBOX360のコントローラーの場合は
    掌とコントローラーの間に隙間は一切無く、
    右手で十字キーを使った後も、直ぐ通常位置へ復帰出来ます




    PS4では L2ボタンを押しっぱなし(エイムをしている状態)の時
    掌とコントローラーの間に若干隙間が出来、疲れます。

    (PS3で同様の持ち方をした時と同じ症状。)
    また、十字キーが遠く、左の親指に被った状態になるし
    R1 R2ボタンから指が離れてしまうので
    右手の通常位置への復帰がもたついてしまいます。



    「十字キーは左手で操作するもの」…と割り切るしかない。
    …と思いました。

    掌とコントローラーの間に隙間が出来る件については
    (PS3のコントローラーと比べれば)許せる範囲なのかなと思います。
    また、男性ならば、この隙間は無いと思います。(K が 実証済)

    ・掌が浮いて疲れる
    ・十字キーが遠い

    この2点についての対策としては
    このような製品があり(店頭で触ってみたところ 悪くなかったので)
    購入を検討中です。

    レビューを見たところ
    「質が良くない」という意見が大多数、
    また、「タッチパッドボタンが無い」事から
    ゲームによっては使い物にならないと思いますが。

    以上を踏まえて
    「コントローラーはなぁ、
    XBOX360のコントローラーが一番なんだよ!」
    …という意見は 個人的には激しく同意しますが
    「普通の持ち方の人にはなんら支障はない」
    と思います。
    是非一度手にしてみてください。

    **

    使い心地については以上ですが「これはちょっと…」と思う事も。

    ・USB接続がマイクロになった事

    PS3ユーザーだったら長めのミニUSBケーブルを持っている人も多いはず。
    マイクロの差込口は何となく耐久度的に心許無い上、
    差込口が少し下を向いている為
    充電中コントローラーを置いた時に干渉し易い。

    こんなところでしょうか。

    XBOX360のユーザーとして
    XBOX360のコントローラーを20個近く買い換えた経験から
    PS3、PS4のコントローラーの方が
    工業製品としての造りは上だと思います。
    (XBOX360のコントローラーは当たり外れが激しいのです…)

    この質感で
    PS4純正の有線コントローラーを出していただきたいものです。

    **

    おまけ

    K は XBOX360コントローラーでは
    クロー持ち」(モンハン持ち)なプレイヤーなので
    クロースタイル時の写真を何枚か載せておきます。



    PS3と PS4では 右手人差し指と中指の距離が遠くなります。






    右中指をトリガー、若しくはR2ボタンに添えた時の小指の安定度は
    XBOX360もPS4も変わりません。
    (PS3は「当たってるだけ」)



    やはりクロウ持ちは
    XBOX360のコントローラーが一番しっくり来ます

    PS4はR2ボタンが下に入り込んでいるので中指が遠くなりやり辛いそうです。

    参考まで。


    JUGEMテーマ:ゲーム
    0
      18:30 | u | 購入 | comments(0) | trackbacks(0)
      スポンサーサイト
      0
        18:30 | スポンサードリンク | - | - | -
        こんにちはの言葉
        ちょっとこんにちは










        この記事のトラバURL
        http://k-u.jugem.jp/trackback/271