かBLOG
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ALAN WAKE's American Nightmare | TOP | Dead Space 3 の 簡単な感想 >>
2012年、最もはまったゲーム
去年 ( っていってもDLCが出揃っていない為 現在進行形っぽくもある ) の 話 ですが
ボーダーランズ2 は ものっそいやりこみました。

海外版 ( 去年9月発売 ) にも 日本語吹替が入っている事は知っていましたが
その頃消化するゲームが幾つかあったので スルーしていました。

日本版の発売が去年10月末で これに ハマったが為に
発売日の近かったCoD:BO2 を 未だにまともにやっていないっていう…

そんなゲーム。
アメコミ調のゲームの世界観とか
楽しい雰囲気が良く出てるトレーラーはこれかな ↓



**

FPS型のRPG。

RPGは実は殆ど遊ばないんですが、これはFPSだから最後まで遊べました。
FPSなので戦闘中とそうでない時の境目がないのです。

スナイプする事が好きな人
「あ、遠くの方に敵が居るw面白いからプチプチしちゃえww」

突撃が好きな人
「やべぇ敵強いじゃんww逃げろww(背中を撃たれながら退散)」

…こんな感じ。

そしてエンジンが良く出来てるかなぁと個人的に思います。
エイムがピタっと止まる仕様。つるつる滑らない。

操作方法は CoDシリーズのデフォルト操作と全く同じ。
CoDユーザーに購入して欲しいの?wと思ってしまう程。
内容的にはかけ離れてるけど。

1作目を購入したのは、当時
「 やるゲームが全くない。でもなんとなくゲームしたい。 」
… と 悩んで ( ? ) いたところ、
「 夫婦で遊ぶんだったらボーダーランズ良いよ〜 」
…という感じでフレンドさんから勧められたゲーム。

手に入れたのは ブームが去った後だったなぁ。。。w

特段に面白いという訳でも無いのだけど

「 何 このゲーム…


止め時がわからん…w



そんな感じでゆる〜くやり続けて 満実績にした1作目。

*

2作目の発売が決まった時、実は

「 う〜〜ん、買わないなw 」

って思ってました。

発売日が近づくにつれ、

「 あれ?ボダラン2って予約してあったっけ?
しとかなきゃ。 あ〜〜〜 めっちゃ楽しみ!!! 」

…となってしまっていた。不思議。

なんだかんだで
全ての進行を協力プレイで埋められるゲームってのは
魅力的なんですよね。

*

サラッとやった感想


良くも悪くも 1作目と殆ど変わってない。
操作とか、進行の仕方とか。
安定の面白さ。

*

凄く良かったところ

日本語吹替というローカライズでしたが
「ローカライズ」という点で言えば 個人的には最高得点をあげたい。

実は、1作目は字幕だったので
殆どストーリーを覚えて無いんですよね。。。
(初見プレイで
いきなりこのゲームに慣れたフレンドさんとやったもんだから
はちゃめちゃw 字幕全然読まなかったw
こういうゲームって始めが肝心ですものね)

で、今作は吹替。
シームレスに ( というか場面によってはものっそい忙しく )
進行するゲームの吹き替えってありがたい。

ありがたいだけじゃなく、台詞とか色々聞いてて凄く面白かった。

「海賊王に、私はなる!!、、、いや、これは駄目だww」

↑ この辺りの台詞なんて、明らかに日本人向けの翻訳でしょ。

各キャラクターの個性もよく出てたけど
メインのラスボスが終始・徹底してゲスい所がもの凄く良かった。

日本語の台詞を覚えてしまう位何周も遊んだ後で
英語音声に変えてみて 更に2周遊びましたが
そこで改めて日本語訳の素晴らしさを実感しました。

(一部、これ、多分 へんてこな日本語訳になってるよね?w
…と思うところもありましたが
実際英語で遊んでみて想像してた通りの原文だったので
そこは許容範囲内。)

一言で纏めると
「 真のローカライズが成されたゲーム 」 だったって事ですね。

*

登場する武器に関しても 製造メーカーが幾つかあって

爆発系の武器しか作らないとこ
とにかく装弾数の多いものを作るとこ
渋さを追求したものを作るとこ

などなど、各メーカーに特長がある。そういう世界観も好きです。

**

1作目と少し変わって良かったところ



1作目の記憶が薄いのでアレですが
今作 「 ロビー 」 が あるのは良かったです。

待ち合わせが出来る…という事もそうですが
「 オンしているフレンドさんの進行状況が今どの辺りなのか 」
…が一目瞭然。

「 あ〜〜、1人で遊んでて 今ここやってるのかぁ〜。
これ多分苦戦してるよね?www 手伝いに行っちゃおうかな?w 」
…という具合に参加出来ちゃう訳です。



仲の良いフレンドさんと遊ぶ時 限定になっちゃいますが
今作は
ホスト以外のプレイヤーも進行したいクエストを選択出来る 」 ので、
参加しているプレイヤー全員が目的地を把握し易くなったんじゃないかなぁ。

( 裏を返せば 野良でやってると勝手にクエスト受けられたり
目的地表示を勝手に変更されたり大変wトラブルの元にもなるw )



所持品を他のプレイヤーとトレード出来る様になったのも良かったです。
メンドクサイけど。

前作にはこの機能が無くて
「 これ欲しい?あげるよ?そーれ、ポイッ!」
…とドロップしたものを拾ってもらうしかなかった。

それはとても簡単だったけど、凄く貴重なアイテムが
壁や地面に埋まってしまって取れなくなる事があったんですww

「 トレード?めんどくさいww 」 と 思って
2作目遊び始めの頃も 1作目同様 ポイポイっと交換してたんですが
地面に埋まってしまって取れなくなる事がやっぱりあったんですw
その事件以降は ちょっとしたアイテムを貰う時にもトレードを使う様にしました。



日本語版でも ゴア表現の自主規制が無かった

ゴア表現に関して、K-u の 場合は
あってもなくても割りとどうでも良かったりしますが

「 ああ、やっぱこのゲームは
粉々になった方が武器の威力がよく判って面白いわw 」
っていうのが正直な感想。

ロケランぶっぱで 部位欠損。バラッバラに。

威力が高い上に レートの高い銃で撃つと
ギッタンギッタンどころが ミジャミジャのトロットロに溶けるww

この文面だけ見ると
「うはぁ。。。残酷。。。」と思うかもしれませんが
あまりにもあっけなくバラバラになってしまう事と
死に際の台詞が面白過ぎて 残酷さが完全に相殺されてるっていうね。

雑魚キャラ達の台詞は面白いものばかりで何度聞いても笑ってしまいます。



日本語版でも 世界共通サーバーで遊べた

K-u の 場合は 割とガチでやる事が多かったので
オフライン表示にして 殆ど2人だけで遊んでましたが
ハクスラゲーム(後述)である以上、色んなユーザーと一緒に遊んだ方が
断然有利で面白いですからねw

中々手に入らない武器を
知らない外国人プレイヤーが気前よくプレゼントしてくれる
…なんて事、結構あるんじゃないかな?w



キャラクターのスキンが豊富

これは割りとどうでも良い事かもしれないけどw

チャレンジをこなしたらもらえるもの、強い敵がたまに落とすものがあって
もの凄くやりこんでいる人と遊ぶ時に着飾って自慢出来るw
(やり込み度の自慢w)

バッドアスランクというものがあって
チャレンジをこなすと自分の補助スキルが上がるのも良かったなぁ。

**

ボーダーランズは
1作目も 2作目も普通に遊んで普通にクリアする事が出来ます。

普通にやってクリア出来るのであれば その後何も無いよね?
K-u は 何日も何時間も 一体何をして遊んでいたのか?w

ボーダーランズ2は ハクスラゲーでしょw

…という 解釈。



ハクスラゲー = Hack and Slash Game 。

レア武器を強い敵がドロップする事があるので
何度も何度も同じ敵を倒して 強い武器を手に入れる。

その後、更に強い敵を倒して また新しいレア武器を手に入れる。

これの繰り返しw

普通に遊んでるだけでは 落とさないレア武器ってのが
バランスブレイクするほどの強さを持ってたりするので
それを手に入れたくてついつい粘って頑張ってしまうw

所謂ラスボスが何人も居るので 最終的には


「 コイツを何秒で倒せるか 」


…という所を突き詰めて行くっていうスタイル。

武器をただ使うだけで無く
使用しているキャラクターのスキルや補助武器の組み合わせでも
火力が変わるので その組み合わせを考えるのも楽しいんですよね。

で、何故 「 ボダラン2もそろそろ落ち着いた 」 と 言えるのかって?


レア武器、一式揃っちゃってるんですよね(真顔)


現時点では キャラクターは Lv.50が限界。
拾える武器も Lv.50のものが限界。
5種類のキャラクターが居るけど
どのキャラもいっぱいいっぱいまで 進行させてる
それだけじゃ物足りなくて同じキャラをも育てきったんです。

そして、それでも 何となく遊び続けてしまう理由は

バランスブレイカーと呼ばれる武器を以ってしても
真のボス級の敵を倒す事は 難しい
から。
です。
ある一定の条件が揃ってしまうと起動する度にフリーズしてしまい
フリーズするキャラでは一切遊ぶ事が出来ない、
一日一回だけ戦える敵と一戦もしてなくても何故か戦えない

…など 他多数・致命的なバグを抱えながらも それらを修正する事で
一日一回しか戦えない敵と何故か何度も戦えてしまえたり
製作会社の社長が金の鍵(レアアイテムが入っているかもしれない箱の鍵)を
せっせとTwitter上で配っているのを見ると ついつい起動もしてしまいます罠w
**

あと2つ DLCがリリースされる訳ですが
次にはどんな強い敵が待ってるのか、とても楽しみです!


JUGEMテーマ:ゲーム
0
    14:15 | u | お薦め | comments(0) | trackbacks(0)
    スポンサーサイト
    0
      14:15 | スポンサードリンク | - | - | -
      こんにちはの言葉
      ちょっとこんにちは










      この記事のトラバURL
      http://k-u.jugem.jp/trackback/255